神戸空港がテーマパークに!
「MINIATURE LIFE
× KOBE AIRPORT」
が神戸空港にオープン!

― 田中達也さんの「ミニチュアの世界」
をお楽しみください ―

関西エアポート神戸株式会社は、2020年ドバイ万博日本館の展示クリエーターとして参画し大反響を得たミニチュア写真家・見立て作家の田中達也さん初となる常設ミュージアム「MINIATURE LIFE × KOBE AIRPORT」(ミニチュアライフ 神戸エアポート)を2022年初秋に神戸空港にオープンすることをお知らせします。

「飛行機にも乗れる、飛行機が見れる、大人も子供も楽しめるテーマパーク」をコンセプトに、空港全体を見渡せる屋上エリア2ヵ所に神戸空港オリジナルのミュージアムを開設します。また、屋上芝生エリアには巨大化させた「ブロッコリー」を設置。自分がミニチュアになったような感覚でMINIATURE LIFEの世界を楽しめる空間が出現します。さらに、ターミナルビル内各所には、神戸空港活性化の趣旨に賛同いただく企業とタイアップした作品を展示します。

本企画により、神戸空港にお越しいただいたみなさまに夢のある作品の数々を楽しんでいただき、新しい空港体験をしていただければと願っております。

関西エアポートグループはお客さまがワクワクして笑顔が溢れるような取り組みを通じて、新たな旅の体験を創造してまいります。

MINIATURE LIFE × KOBE AIRPORT 概要

コンセプト

「飛行機にも乗れる、飛行機が見れる、大人も子供も楽しめるテーマパーク」

オープン時期

2022年9月下旬(予定)

概要・
場所

1. 人気ミニチュア写真家・見立て作家 田中達也さんの常設ミュージアム:屋上2か所の展示室内

神戸や飛行機、空港をイメージした作品を展示します。
展示①「空港や飛行機を見立てたミニチュアの世界」
展示②「神戸の町並みを見立ての世界で表現した世界」

2. 大型オブジェの展示:屋上芝生エリア

屋上の芝生のエリアに、田中達也さんの代名詞となるミニュチュア作品・ブロッコリーを、人の背丈を超える大型オブジェにして展示。神戸や神戸空港の思い出づくりに、フォトスポットとしてぜひご活用ください。

3. アートディスプレイ(協賛企業とのタイアップ作品の展示):ターミナルビル内各所

神戸空港の活性化に賛同いただく企業とMINIATURE LIFEがタイアップし、その企業のイメージをユーモアたっぷりに表現した作品をターミナルビル内各所に配置します。
(2022年夏に募集開始いたします。※問い合わせ先は以下の通り)

アートディスプレイに関する
お問い合わせ先

関西エアポートリテールサービス株式会社 
サービス事業部 広告事業グループ
電話番号:072-455-2909
e-mailアドレス:kix.ad-eventspace@rs.kansai-airports.co.jp

神戸空港 屋上展望デッキ

展示室①
「空港や飛行機を見立てたミニチュアの世界」

神戸空港をミニチュア作品展示で表現します。

展示室②
「神戸の町並みを見立ての世界で表現した世界」

神戸をミニチュアジオラマや個別展示で表現します。

※パースやイメージ画像はあくまでイメージです

田中達也さんについて

田中達也

ミニチュア写真家・見立て作家。日常にある物を別の物に見立てアート「MINIATURE CALENDAR」を2011年からインターネット上で毎日発表し続けている。展覧会を国内外で開催。主な仕事に2017年NHK連続テレビ小説「ひよっこ」のタイトルバック、 2020年ドバイ国際博覧会 日本館展示クリエーターとして参画、など。Instagramのフォロワーは350万人超える(2022年6月現在)。著書に「MINIATURE LIFE」、「Small Wonders」、「MINIATURE TRIP IN JAPAN」、「MINIATURE LIFE at HOME」、絵本「くみたて」など。