平和公園

平和公園

平和公園 平和公園 平和公園

世界平和への願いを込めて

1945年8月9日に投下された原子爆弾落下中心地(爆心地)と、その北側の丘に、平和への願いを込めて造られた公園です。正面に、巨大な平和祈念像が座しており、天を指す右手は原爆の脅威を、水平に伸ばした左手は平和を、軽く閉じたまぶたは原爆犠牲者の冥福を祈っています。

平和の尊さを発信する5つのゾーン

平和公園には【願いのゾーン】【祈りのゾーン】【学びのゾーン】【スポーツのゾーン】【広場のゾーン】があり、原爆の悲惨さを訴えるとともに、平和の尊さ、平和の大切さを実感する場所となっています。

平和を象徴する15個のモニュメント

平和祈念像の正面には平和の泉があり、周囲には世界各国から贈られた平和を象徴する15個のモニュメントが配置されています。

   

長崎原爆資料館

原爆の惨状をはじめ原爆が投下されるに至った経過、核兵器開発の歴史、平和希求などストーリー性のある展示を行っている資料館です。「1945年8月9日」「原爆による被害の実相」「核兵器のない世界を目指して」などのテーマに沿って、資料、写真、解説パネルなどが展示されている館内には、被爆時の11 時2分で止まった柱時計や、被爆した浦上天主堂の南側一部の再現造型などもあり、原爆投下直後の町の様子がわかります。

 

写真提供:長崎県観光連盟

平和公園

information

所在地
長崎市松山町9
アクセス
JR長崎本線長崎駅から路面電車赤迫行きで松山町電停下車、徒歩3分